ファミマ初の24時間調剤対応複合店

ファミマ初の24時間調剤対応の複合型店- 今年7月にも開店へ | 医療介護CBニュース

コンビニと提携

複合型店の開店に伴い、客数が2倍以上に増えたほか、容量が小さい薬が売れるため、在庫管理が向上したと指摘。

今回の改定で、一つ薬局に24時間対応が求められているということが、わかりました。

現実的に薬局単独で24時間というのはそれだけの規模がないと難しい(人的にも採算、安全面を考えても)と思いますが、

こういったコンビニとの提携による24時間営業というのは、今後増えてくる可能性がありますね。

24時間対応にすることで、狙うのは処方箋薬や基準2の算定というだけでなく、一般薬、コンビニの商品の売上増を目指すというのも一つでしょうね。

この店舗が今後どうなっていくのか、一つのモデルケースともなるのではないでしょうか。

スーパーとの提携

他には西友などのスーパーとの薬局提携、開局というのも考えられますね。

処方箋を待っている間に買い物を済ませることができるので、非常に便利ですよね。

今後、調剤薬局もただ病院の門前に陣取って処方応需するのではなく、他業種と結びつきながら、面処方の応需を中心にという方向に少しずつ動いていくのかもしれませんね。他の薬剤師のブログを見る
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ