セルフメディケーション税制の押さえておきたいポイント

スクリーンショット 2016 11 23 9 21 25

平成29年1月1日より「セルフメディケーション税制」が開始します。市販薬でも医療費の控除ができるということです。押さえておきたいポイントを紹介します。

控除って何?

通常、所得に応じて所得税がかかりますが、その税金がかかる所得を減らすことができます(控除)

簡単にいうと300万円に所得税・住民税がかかるとして、8万円分控除の対象となったとしたら、300ー8万円=292万円分に所得税・住民税がかかるようになります。

いくら分控除の対象となる?

対象となる医薬品の購入総額が年間12,000円を超える部分が所得から控除されます。上限の控除額は88,000円です。

例えば、5万円分、対象となる市販薬を購入した場合は、50,000円ー12,000円=38,000円分が控除の対象となります。

所得税率20%だった場合 (5万円-1万2,000円)x20%=7,600円が戻ってきます。 加えて、翌年度の住民税(地方税)分として、 (5万円-1万2,000円)x個人住民税率10%=3,800円が戻ってきます。

参照;日薬ポスター.pdf

誰が受けられる

対象者は下記の3つを満たす人です

  • 所得税や住民税を納めている
  • 自分と扶養家族の分を合わせて、対象となるOTCの年間購入額が12000円を超えた人
  • 健康診断などを受けている人

同一生計の家族・親族も合算対象となります。

いつからいつまでの期間

1月1日から12月31日までの1年間の間に購入したOTC医薬品が対象となります。

確定申告は通常、2月16日から3月15日までの期間となります。セルフメディケーション税制のみを行う人の場合は、還付申告(お金が戻ってくるだけ)なので、確定申告期間とは関係なく、1月1日から5年間還付申告が可能です。

医療費控除とは一緒にできない

1年間の医療費の合計が10万円を超える人は医療費控除を受けることができます。従来の医療費控除制度とは同時に利用することができません。

対象となる市販薬

2016年11月23日現在の対象となる医薬品はこちらでまとまっています。

0000139974.pdf

リンクがない場合、こちらから探してみてください。

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について |厚生労働省

また、対象となる成分を含んだOTC医薬品にはこういったマークがついています。

スクリーンショット 2016 11 23 9 21 25

確定申告時に必要なもの

確定申告にはレシートや領収書が必要となります。

証明書類には、①商品名、②金額、③当該商品がセルフメディケーション税制対象商品である旨、④販売店名、⑤購入日が明記されていることが必要です。

0000138818.pdf

所感

薬剤師としてもポイントはきちんと把握して、質問されても答えられるようになっておきたいところです。

他の薬剤師のブログを見る
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ