高額療養費制度…70歳以上の収入あるものは負担増のニュース

来年度の医療負担に関するニュースがありました。ここでは、高額療養費制度についてまとめてみたいと思います。

医療費では、年収に応じて自己負担月額の上限を定める「高額療養費制度」を見直す。年収が370万円以上で70歳以上の人は、上限を現役世代並みに引き上げる。年収370万円未満で住民税を払っている人も含めるかどうかは調整する。

現役並み収入の高齢者ら、医療費負担増へ 来年度から (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

高額療養費制度とは

高額療養費制度とは、家計に対する医療費の自己負担が大きくなりすぎないよう、医療機関の窓口において医療費の自己負担を支払った後、月ごとの自己負担限度額を超える部分について、保険者から償還払いされる制度です。

同一医療機関では、自己負担限度額を超える場合には現物給付化し、一医療機関ごとの窓口での支払を自己負担限度額までにとどめることができるようになりました。

70歳未満の場合は、同一医療機関において一部負担金では限度額が超えない場合であっても、複数の医療機関での一部負担金が21000円以上の場合は合算することができます。

世帯合算が可能

同一月内に同一世帯で21,000 円以上の自己負担が複数あるときは、これらを合算して自己負担限度額を超えた金額が支給されます。

4回目からは自己負担額が減る

同一世帯で1年間(診療月を含めた直近12か月)に3回以上高額療養費の支給を受けている場合は、4回目からは自己負担限度額が変わります。

下記の表の多数回該当にあたります。簡単にいえば回数が多いと自己負担が減るという話です。

参照;協会けんぽ

患者負担割合及び高額療養費自己負担限度額

現行ではこのような負担になります。

この中で『70歳以上の現役並みの所得者』の負担割合が現役並みになるということですね。

スクリーンショット 2016 11 19 9 52 29

参考資料

所感

医療負担はどんどん増えていきますね。自分が70歳以上になった時は3割、いや4割負担でしょうかね。

他の薬剤師のブログを見る
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ