デザレックス錠の薬価・用法・長期投与はいつから可能?

2016年11月18日に薬価収載されるデザレックスについてまとめてみます。

まとめ

製品名 デザレックス錠
規格 5mg
メーカー MSD
承認日 2016年9月28日
薬価収載日 2016年11月18日
含量 デスロタジン5mg
効能・効果 アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)に伴うそう痒
用法 1日1回
薬価 64.9円
長期投与制限 2017年11月

用法・用量

通常、12 歳以上の小児及び成人にはデスロラタジンとして 1回5mg を1日1回経口投与する。

12歳以上が適応となっています。ちなみにクラリチンは7歳以上で使用可能です。

薬価

クラリチンは86.7円、一番安いGEのロラタジンは40.2円です。今回、クラリチンとロラタジンの間の64.9円の薬価がつけられています。新薬としては安い方ですね。ザイザルは96.4円です。1年経って長期可能になったら結構、使われるかもしれませんね。

特徴

クラリチン(ロラタジン)がCYP3A4・CYP2D6で代謝され、代謝活性物のデスロラタジンとなり効果を発揮します。デザレックス(デスロラタジン)は最初から代謝活性物のため効果発現が早く、個人差が生じにくいと言われています。

食事の影響が受けない

クラリチンは空腹時に投与すると、Cmax,AUC共に半分近くまで低下をします。そのため、クラリチンは食後服薬と用法が決まっています。デザレックスは食事の影響は受けず、食前でも食後でも問題ありません。

飲み物の影響も受けない

今回、同時に発売されるビラノアはグレープフルーツジュースの影響を受けます。アレグラもグレープフーツジュースやりんごジュースなど100%の果実ジュースで効果が減弱されるという報告があります。

デザレックスは飲み物の影響も受けません。

眠気が少ない

眠気が少なく、添付文書には自動車運転に対する注意の記載はありません。もともと前駆体のクラリチンも眠気が少ないと言われている薬です。デザレックスも同様に眠気が少ないです。

添付文書・インタビューフォーム

所感

同時に発売されるビラノアに比べると薬価の面でも、使い勝手の面でも良さそうですね。あとは効果がどのぐらい効くかといったところでしょうね。

他の薬剤師のブログを見る
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ