2016年調剤報酬改定後の調剤報酬点数表

2016年の報酬改定後の調剤報酬点数表を作成してみました。

調剤料についても、後ほど追記予定です。

また、変更や解釈なども追記していく予定です。

薬学管理料

薬剤服用歴管理指導料
特例 50
  • 調剤基本料1又は4以外を算定する保険薬局の場合 
  • 手帳を持参していない患者
1.過去6ヶ月内に処方せんを持参した患者 38  
2. 1以外 50
3 特別養護老人ホームの場合 38
  • 交通費は患者の負担
  • 薬剤服用歴に基づき薬剤情報提供文書により基本的な説明を行う
  • これまでに投薬された薬剤のうち服薬していなものの有無の確認を行う
 – –  – 
かかりつけ薬剤師指導料 70
  • 患者の同意書を作成した上で保管
  • 患者1人に対 して1 人の保険薬剤師のみ
  • 患者の同意を得た後の次の来局時以降に算定可能
  • 手帳等にかかりつけ薬剤師の氏名
  • 勤務表を作成して患者に渡す
  • 薬剤服用歴管理指導料とは一緒に算定できない
【算定できる薬剤師】
  • 薬剤師として3年以上の薬局勤務経験があり、同一の保険薬局に週32時間以上勤務しているとともに、当該保険薬局に半年年以上在籍していること。
  • 薬剤師認定制度認証機構が認証している研修認定制度等の研修認定を取得していること。
薬剤服用歴管理指導料・かかりつけ薬剤師指導料算定時加算
麻薬管理指導加算 22
重複投薬・相互作用防止等加算 30 アレルギーや副作用歴から疑義照会して変更になった場合も算定可能に
特定薬剤管理指導加算 10
乳幼児服薬指導加算(6歳未満) 10
かかりつけ薬剤師包括管理料 270

地域包括診療、地域包括診療加算等の算定患者が対象

《下記以外は包括》

  1. 時間外等加算、夜間・休日等加算
  2. 在宅医療にかかる点数
  3. 薬剤料
  4. 特定保険医療材料
外来服薬支援量 185
  • 事故による服薬が困難な患者、その家族、保険医療機関の求めに応じて服薬管理を支援した場合つき1回算定
  • 保険薬局に持参した服用薬の整理など服薬管理を行い、結果を保険医療機関に情報提供した場合も算定可能
– 
在宅患者訪問薬剤管理指導料

同一以外650

同一 300

  • 月4回まで
  • がん末期・中心静脈栄養法患者は週2回月8回まで
  • 薬剤師一人につき週40回まで
在宅患者緊急訪問薬剤管理指導料 500  
在宅患者緊急時等共同指導料 700  
麻薬管理指導加算(一回につき) 100  
在宅患者重複投与・相互作用等防止管理料 30  
退院時共同指導料 600  
服薬情報等提供料 20 患者、その家族、保険医療機関の求めがあり薬剤師が必要と認め、患者の同意を得た上で情報提供や指導を行った場合、月1回算定

調剤基本料

調剤基本料1 41  
調剤基本料2 25
  • 処方せんの受付回数が4,000回/月超 かつ 特定の保険医療機関に係る処方せんによる調剤の割合が70%超
  • 処方せんの受付回数が2,000回/月超 かつ 特定の保険医療機関に係る処方せんによる調剤の割合が90%超
  • 特定の保険医療機関に係る処方せんが4,000回/月超(新規)
調剤基本料3 20

4万回/月を 超える法人グループに属する保険薬局のうち、以下のいずれかに該当する保険薬局

  1. 特定の保険医療機関に係る 処方せんによる調剤の割合が95%割を超える保険薬局
  2. 特定の保険医療機関と不動産の賃貸借関係にある保険薬局
調剤基本料4 31 妥結率5割以下 
調剤基本料5 19 調剤基本料2に該当で妥結率5割以下
特別調剤基本料 15 届け出なし
基準調剤加算 32
  • 調剤基本料1を算定している薬局のみ
  • 平日8時間以上、土日のどちらか開局週45時間以上
  • かかりつけ薬剤師指導料又はかかりつけ薬剤師包括管理料の施設基準の届け出
  • 集中率9割以上において後発医薬品の使用数量が3割以上
  • PMDAメディナビの登録
  • 患者のプライバシーに配慮した構造
  • 管理薬剤師の5年以上の薬局勤務経験、当該薬局に1年以上在籍
  • 品目1200品以上
後発医薬品調剤体制加算 1.18 2.22 加算1は65%以上 加算2は75%以上
長期投薬分割調剤 5 14日超にかかる処方箋において、1処方箋の2回目以降の1分割調剤につき算定。薬学管理料は算定しない
後発医薬品分割調剤 5 1処方箋の2回めの調剤に限り算定。薬学管理料(薬剤服用歴管理指導料を除く)は算定しない

調剤基本料の特例免除

調剤基本料2〜5の薬局においても、5割以上のかかりつけ薬剤師とかかりつけ指導料の実績があることで基本料1(妥結率に応じて基本料3)を算定できます。

  1. 当該保険薬局に勤務している保険薬剤師の5割以上が、かかりつけ薬剤師指導料の施設基準に適合している薬剤師であること。
  2.  かかりつけ薬剤師指導料又はかかりつけ薬剤師包括管理料に係る業務について、相当の実績を有していること。

調剤基本料の減算

かかりつけ機能に係る業務として、かかりつけ薬剤師指導料、かかり薬剤師包括管理料、重複投薬・ 相互作用防止等加算、在宅患者訪問薬剤管理指導料等を1年算定していない保険薬局は調剤基本料を50/100 に減算する。ただし、処方せんの受付回数が1月に600回以下の保険薬局を除く。

他の薬剤師のブログを見る
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ